第1回サンビーム杯利根川鮎釣り大会

2010年9月5日(日)群馬漁協管内の利根川で第4回サンビーム杯利根川鮎釣り大会を開催いたしました。
昨年に続き今年も晴天に恵まれ絶好の鮎釣り日和の中での大会となりました。
当日の利根川は早朝、ダム放水の影響なのか若干の濁りがありましたが、大会が始まるころには良い状況になりました。
条件的にも今年は天然遡上が多く、良い釣果が8月の終わりごろから報告されていました。

参加選手は30名、午前8時30分オトリ配布後にスタート!!
選手の皆さんは各々の狙ったポイントで釣り開始です。

今年は昨年とは違い、竿が良く曲がります。

その中でも昨年の優勝者の中里孝行さんの竿が良く曲がります。
また、高橋秀治さんも得意とする利根川で数を伸ばします。

優勝者は大会本部からは見えにくい最下流部の瀬方で釣っていた古島 保さんがなんと32尾で初の栄冠に輝きました。
いくら今年の利根川が好調とは言え、8:30〜13:30の競技時間で32尾の素晴らしい記録に大会参加者から賞賛の拍手が送られました。

2位は第3回大会の優勝者の中里孝行さんが込み17尾、

3位は高橋秀治さんが込み13尾でした。

関谷幸治さん、佐藤豊文さん、堀内寛幸さん、須藤貴光さんが12尾で4位タイとなりました!

招待選手の山口隆さんは途中から大会本部の前で釣り、ギャラリーは食い入る様に見ていました。
みんなの視線を感じるプレッシャーのなか、ほとんど竿の入っていない急瀬で、入れ掛かりを見せてもらいました。
マスターズチャンピオンの貫禄で良い型を22尾の釣果でした!

大物賞は24cmの見事な鮎を釣った人が4人いました。
中里孝行さん、佐藤豊文さん、高橋秀治さん、星野 亨さんでジャンケンの結果、高橋秀治さんが商品を手にしました。
他の方も優勝者の古島さんにクジ引きをお願いした、お楽しみ抽選会でもれなく全員に商品が手渡され、その他に参加賞も配布されました。

今大会は昨年に比較して魚影が濃く、素晴らしい釣果に恵まれ、楽しい大会になったことを喜ばしく思います。

また、今大会開催にあたり沢山の協賛品を提供していただいたメーカー・問屋各位様、
大会開催にご協力いただいた群馬漁協様に心より御礼申しあげます。
誠にありがとうございました。

調査の為、水産試験場に貴重な鮎を提供していただいた競技者の皆さん、ありがとうございました。

参加の競技者の皆さんお疲れ様でした。今後も宜しくお願いいたします。

 

                          

                 
                       優勝 山野秀伸さん   

  

 優勝 山野秀伸さん     優勝 山野秀伸さん    優勝 山野秀伸さん 
                               



参加者全員で記念撮影。




 大会本部上流。大会の上限は上毛大橋まで。




 大会本部下流。大会の下限は大渡橋まで。




本部前下流の瀬で釣る山口隆さん(招待選手)




 いい鮎です!正午ごろ、この瀬で入れ掛かりです!

協賛メーカー

※たくさんのご協賛ありがとうございました。(順不同)(敬称略させていただきます。)

アルファ オーナーばり   カツイチ オプトさいとう
がまかつ グローブライド ゴーセン サンライン
シマノ シミズ 昌栄 ダン
ティムコ 阪神素地 フジノライン プロックス
ヘキスター マルキュー マルト モーリス
山本光学 ヤマワ産業 ラージ リトルプレゼンツ
YGKよつあみ 嶋屋