FF釣行レポート福島県・木戸川 〜淡水魚になった彼ら〜
今日は、鮎釣りを始めて6年目にして初めての利根川[群漁管内]へ行ってきました。
本当は、連休を利用して遠征する予定でしたが...
「利根川が釣れてるよ〜!」と情報が入った為!
午後1時に遅めの昼食を済ませて、急遽、前橋までUターンして乗馬学校前のオトリ屋へ...
オトリ屋のおじさんに状況を聞き、対岸の瀬には誰も入っていないとの事で手前の流れをパスして中洲?へ...
辺りはハミ跡だらけの石がゴロゴロ!
これは釣れる!!っと期待を胸にオトリを瀬に入れます。
っが!そんな簡単に釣れる訳もなく...
瀬肩、瀬尻、ヘチ際...色々と泳がせるラインを変えるも無駄に時間だけが過ぎていきます。
オトリ屋の対岸の瀬を1時間ほど釣り、次は、瀬の上のトロへ...しかしここでも無駄にオトリの体力を消耗させるだけでした。
よし!ダメ元で足で稼ごうっと次の流れの絞り込みへ
ここは吉岡側から前橋側へと流れを変える瀬尻...に!入る前に気になる場所を発見!!
オトリも少しバテ気味だったので手前側の流れから攻めてみる事にヨロヨロと上流に向かったオトリがちょうど石裏に入った瞬間!『コツッ!』
ん?なんか当たった?な〜んて思ったら急にオトリが元気を取り戻したかのように上流へ泳ぎ始め...おっといけない泳がせたい筋から外れちゃう!
っと竿を煽った瞬間!『ギューーーン!』
今度は、下流へ一気に走ります!
ヤバイ!ノサれちゃまずい...懸命にオトリについて下ります。
何とか体勢を立て直し自分の方へ寄せてきます。
すくい上げようとすると抵抗して何回か沖に向かって走られたのでもう一度寄せます。
今度は、何とかツケ糸をつかみ素早く掛かった鮎をタモの中へ...

サイズは21cmでしたが元気な鮎を釣り上げることが出来ました!!
利根川の初めての鮎です!!
すぐにオトリを交換して立て続けに2匹追加するも
その後が続かず...やりたい気持ちを抑えながら5時に納竿!
まだまだ修行が足りませんね...
次はいつ行けるか分りませんが、オトリ屋さんの話だと鮎は沢山いるそうです!!
確かに場所によってはハミ跡がスゴイ!!
9月のサンビームの大会も期待が出来そうですね〜ぇ!?


タックル(利根川用としては心許ない仕掛けです。)
SP競スクデット R90
天糸:フロロ0.8号
水中糸:メタコンポU0.05号
ツケ糸:上0.3号 下:0.25号
中ハリス:0.6号
掛けハリ:オーナー 一角7.0号3本錨

詳しくは渋川店 山川まで